コンセプト - 高気密・高断熱・高防音

木造軸組工法の家は、それだけでは冬の寒さや、夏の暑さ、湿気、埃、騒音などを防ぐことはできません。
省エネルギーで夏も冬も快適に過ごせ、結露やカビに悩まされることなく、1年中快適な家をつくるには。「断熱」が大切になります。
川口工務店では、「現場発泡断熱材」を使用しています。
屋根面、壁、基礎の立ち上がり部分に断熱材自体が建物の形状に合わせて”泡状”に膨らみます。細かい部分も隙間なく入り込み、高い気密性と断熱効果を生み出すことができます。
断熱材の連続した約400ミクロンという微細な気泡が音のエネルギーを吸収し、
外部からの騒音も低減され、静かで快適空間をつくります。
外部からなどの音が断熱材に入り込み拡散することにより、その空気振動が直接内部の気泡部分の空気に伝わります。
気泡の面の空気が抵抗を生じ、音のエネルギーの一部が熱のエネルギーに変換され、反射音を小さくします。
このように空気の動きに対する抵抗によって、その振動を減らすことで、外部からの騒音も低減され静かな生活空間をつくります。
back